会社務めと個人のゲームエンジニアの年収

ゲーム会社からの求人に応募して就職すると、安定的な収入が得られる。毎年一定の年収が得られるようになると、生活が豊かになる。しかしそのような安定的な生活を捨ててでも、フリーのゲームエンジニアとして独立する人もいる。ゲーム会社で働いていた時の年収と比較すると、当初はその額は限られている。しかし、将来の大きな可能性を目標として、多少は少ない年収も我慢はできる。フリーのゲームエンジニアが年収を安定させるには、積極的に営業活動を行ったり、ゲームの開発を請け負って他の開発チームに加わる手段がある。またあるいは、自らゲームブランドを立ち上げ、起業するのも方法である。こうして、ゲーム会社に就職する以外にも、個人の立場からゲーム業界での活動を選択するクリエイターが増えてきた。

彼らの年収は確かに不安定ではある。それでも世間に注目され多くのユーザーを獲得できるよう、日夜開発に打ち込んでいる。ゲームエンジニアになるには、ゲーム会社の求人に応募するだけが方法ではない。年収は限られていたり不安定であっても、チャレンジする道がある。特に、ゲーム制作に大きな希望を抱いている人は、安定よりも将来の可能性に掛けるケースが多い。ゲームのインターネット販売も活発となり、個人でもゲームクリエイターとして活躍できる機会が増えつつある。そのようなゲーム業界の変化も背景となって、フリーのゲーム開発者として活躍する人が目立ちつつある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP