unityエンジニア求人が重視される変化

ゲーム開発の分野で仕事を続けてきたエンジニアは、かつての開発環境とはずいぶん違う点にギャップを感じる。かつてのゲーム開発では、ハードウェアを徹底的に研究し、性能を最大限に引き出す開発手法が主であった。しかし今や時代は変化し、効率よくゲーム開発を行うテーマに課題がシフトしつつある。ゲーム業界では、あらかじめ用意されているゲームエンジンを利用して、ゲーム開発を行う手法に変わっている。その中でもunityは、有力なゲームエンジンとして多くの開発現場で利用されている。そのため、古参のゲーム開発エンジニアは、新たに職場を求人案件から探す際に、意識を切り替える必要が出てくる。

unityエンジニアを募集する求人案件では、ゲーム機のハードウェアに関する知識や技能よりも、unityをいかに使いこなすかが重視される。その点にギャップを強く感じるシニアの開発エンジニアはよくいる。しかし、これまでのゲームの開発経験を持ってすれば、unityエンジニアとしても十分に仕事は務まる。むしろ、ハードウェアに該当する部分は全てunityのゲームエンジンに任せてしまえばいい。unityがゲーム開発で用いられるようになったため、異なる機種間での移植作業も非常に簡単なものになっている。

これからのゲーム開発では、技術者はunityのようなゲームエンジンを使いこなせるかどうかが重視される。時代によるゲーム開発手法の変化に合わせて、ゲーム開発者はギャップを乗り越える必要がある。
ゲーム業界で活躍したい方に有利な情報→→(大好きなゲームを仕事に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP